スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 寄生獣

原作とほとんど主旨は変わってないと思う。
なのに何だか妙な違和感。
そうだ、映画の寄生獣は母性が強調されすぎてるんだ…

漫画の寄生獣は、人間とパラサイトそれぞれが絶妙なバランスで描かれてた気がします。
そのひとつが強調されるだけで、こんなに滑稽な雰囲気になってしまうものなんだね…

といってもミギーは魅力的だし、深津絵里の演技も見ごたえあります。

人間の肯定と否定が入り交じった作品は面白いです。
人間と動物、理性と本能、正常と異常、これらの境界線の曖昧さを振り返るとき、自分のささやかな日常がとても貴重なものに思えてくる。

とりあえず映画の完結編は観ようかどうしようか迷ってます…
ラストのミギーの「心にヒマがある生物、なんとすばらしい!」このセリフまで削られてたら、ちょっとね。。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:まさみ
ブログはこちら一本でやっていくことにします。

パソコンできる環境が作れず、こちらのブログのほうがスマホでも扱いやすいからです☆

よろしくお願いします。
⊂⌒っ*-ω-)っ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。