スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見世物小屋2


前回みたま祭りの見世物小屋に行ったのが、2008年。
下記の記事参照。
http://www.mypress.jp/v2_writers/johndeai/story/?story_id=1755183


3年ぶりに見世物小屋に行ってきた。
3年前MCのおっちゃんは来年から消防法の改正により、
もう見世物小屋は開催不可能になる。
観るのなら今年が最後のチャンスと言っていた。
しかし、3年経ってもやっている。

相変わらず、蛇女もいらっしゃって、あれから3年経って25歳少し
色っぽい蛇女のできあがり。
またまたMCが本日初回のお客様限定で生蛇を使って蛇の血を吸うと
言った。
シマヘビ(無毒)は5000円近くするから、毎回の上映で生蛇を使ってたら
赤字になるとおっしゃる。

またも見事な口上、もちろん毎回の上映で生蛇を使っているのでしょうが、
今しか見れない感覚をいつもの口上の中で取り入れてすごく興味を
ひかせてくれるのだ。

 かては覗き穴から奇形の方や性交をしているところを見せたりしていた
見世物小屋。
今ではすっかり大人しくなり、蛇女がどうにか人々を日常の自明性から
解放してくれる。

 あの昔の怪しい文化、きっと今もなくなっていないはずだ。
表舞台からきっと姿を消しただけ。
観てはいけないと思い込んでいるものを観たくなる感覚は
いつの時代も変わらない。
きっと今はネット上かあるいは秋葉原の〜カフェにいるのかもしれない・・・

 何はともあれ観てはいけないものを観る舞台が表社会から遠ざかっていく
のは何だか寂しい。
それは人々が同じ空間、同じ時間で観れないからだ。
ネットでは味わえない同空間・同時間の禁断の共有、
これは共同体がこの先かなり重要になっていく
21世紀型私的自治社会(国に頼らず主体性を持ち自分達の事は自分達で
解決していく社会)にとって重要になるだろう。

最後に見世物小屋の主な公演スケジュールを下記に示す。
行った事ない方は一度でも行ってみる事をお勧めする。
年が若ければ若いほどお勧めです。。

・靖国神社 7月 みたま祭り
・蓮馨寺(埼玉県川越市) 10月 川越祭り
・花園神社(東京都新宿区) 11月 二の酉
・調神寺(埼玉県さいたま市) 12月 十二日町
スポンサーサイト
プロフィール

Author:まさみ
ブログはこちら一本でやっていくことにします。

パソコンできる環境が作れず、こちらのブログのほうがスマホでも扱いやすいからです☆

よろしくお願いします。
⊂⌒っ*-ω-)っ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。