スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インセプション(ネタバレ注意)

 オリジナル・サウンドトラック インセプションの画像 Inception: The Shooting Scriptの画像 

胡蝶の夢(こちょうのゆめ)

「以前のこと、わたし荘周は夢の中で胡蝶となった。
喜々として胡蝶になりきっていた。
自分でも楽しくて心ゆくばかりにひらひらと舞っていた。
荘周であることは全く念頭になかった。
はっと目が覚めると、これはしたり、荘周ではないか。

 ところで、荘周である私が夢の中で胡蝶となったのか、自分は実は胡蝶であって、
いま夢を見て荘周となっているのか、いずれが本当か私にはわからない。

荘周と胡蝶とには確かに、形の上では区別があるはずだ。
しかし主体としての自分には変わりは無く、これが物の変化というものである。」
(Wikipediaより引用)

有名な荘子の思想の胡蝶の夢。
夢を見ている時、夢を現実と思い込んでいる。
そうなると今、文章を書いている私が見ている世界も夢なのではないか?

映画「インセプション」は古来より脈絡と続く夢の物語である。

あらすじ

「人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、
他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブは、
その才能ゆえに最愛の者を失い、国際指名手配犯となってしまう。
そんな彼に、人生を取り戻す唯一のチャンス「インセプション」
という最高難度のミッションが与えられる。」
(映画.comより引用)

 この映画の設定では、夢にも深層があり、第1層、第2層、第3層、第4層
とより深い潜在意識に潜っていける。
つまり夢の中で夢を見て、さらにその夢の中で夢を見て、
さらにその夢の中で夢を見て・・・・・といように無限に連なっていく。
物語設定も荒唐無稽で訳がわからない所だらけだ。
何が現実で何が夢なのか訳が分からなくなる。
現実と思われている設定「インセプション」というミッション自体も夢かもしれない。
象徴的に現れるのは最後のシーン。
ようやく現実世界に戻れたコブであるが、
それが果たして現実か夢か分からないまま物語はフィナーレを迎える。

 このようなSF作品は脈絡と続いてきたありふれた話であるが、
21世紀版胡蝶の夢も是非堪能して頂きたいお勧め作品です。

 現実だと思ってようやく目が覚めたと思ったらまたそれも夢でその夢も
覚めたと思ったらまたそれも夢で・・・
と無限に続く思想は考え出したら止まらない無限ループ。
宇宙の始まりの前は?その前の前は?その前の前の前は?
宇宙の外は?その外の外は?その外の外の外は?

 考えたら止まらない無限ループ。
だったら考えなきゃいいじゃん的なメッセージもちょっと感じ取れた映画でした。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:まさみ
ブログはこちら一本でやっていくことにします。

パソコンできる環境が作れず、こちらのブログのほうがスマホでも扱いやすいからです☆

よろしくお願いします。
⊂⌒っ*-ω-)っ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。