スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴走する検察

 検察の正義 (ちくま新書)の画像  「特捜」崩壊 墜ちた最強捜査機関の画像  暴走する「検察」 (宝島SUGOI文庫)の画像
 小沢一郎氏の土地取引問題を巡る一連の騒動は検察が小沢氏を
不起訴処分にした事で収束したかに見える。
一体この問題の本質は?

 民主党は取調べの全面可視化等、検察の抜本的改革を謳っていた。
改革されれば検察の権力は著しく縮小する。
それを阻止する為、検察はこのような不起訴にしかできない問題で
特捜を出動させたと見るのが妥当な見方だ。
別件逮捕で別の巨悪が見つかると思ったが、
見当はずれで何も見つからなかったという検察の衰退と見る向きも多い。

 そもそも強力な99.98%という検察の起訴有罪率は一体何なのか?
また、これが日本の検察が優秀という指標となるのか?
なるはずもない。
諸外国から日本で裁判を受けたくない理由が分かる。
ほぼ100%有罪になるという事は有罪にしかならない案件しか検察は
起訴していないだけの事。
それで、検察が優秀だと思っている国民の民度は非常に低い。
これは検察寄り、権力寄りのマスコミの一面報道が大きな要因となっている
のは言うまでもない。

はたまた、検察が起訴したものがほぼ100%有罪になるという事は
一体裁判官は何をしているのか?
これには自白主義、調書重視が影響していると思われる。
自白して調書に書かれたものは日本では物証になる。
自白=物証という奇妙な日本の法制度。
これは近代刑法が破綻している。
長い取調べの中、早く自白すればすぐに帰してあげるし、
微罪にしてやるぞ、と検察官に唆されればとりあえず自白する
人も多くないという。
それぐらい取り調べは過酷で精神的におかしくなるそうだ。
だからこそ、取調べの全面可視化導入は重要だし、取調べ時に弁護士の立会いも必要。
さらに自白だけで有罪にできるのは前近代的大岡越前的な裁判制度だ。。
いや、もっと時代が遡る裁判制度か?(笑)

 調書主義から物証主義へ、取調べの全面可視化、取調べ時の弁護士の立会い
等々の改革を行うのを検察が嫌がるのは分かる。
今までの捜査手法ができなくなるばかりでなく、近代的な捜査手法を
身につけていないが為、適応不安が非常にあると思われる。
日本人は自明性が失われるのを非常に恐れる。 
もちろん一番の理由は検察権力の衰退を恐れているのだが。

 最後にビデオジャーナリストの神保哲夫氏のあるお話で締めくくる。
神保さんはある日、車を運転していた。
その時、横からトラックに突っ込まれるという事故に遭った。
早速警察に行き、調書を書く羽目となった。
ほとんどの文章があらかじめ警察・検察によって書かれており、
名前等を穴埋めだけするだけの調書。
仕方なく名前を書こうとするが、よく調書を読んでみると、
最後に

「事故を起こした。」

と書いてあった。
「神保氏は〜事故を起こした。」
神保氏は猛抗議した。
私は事故に遭ったんだと。。。
それでも訂正はできないと返答される。
早く書けばすぐ帰れると囁かれる。
それでも猛抗議する事4時間。
ようやく棒線を引いて

「事故に遭った」

に訂正してもらった。
そうです。
調書なんて、勝手に検察が作っている。
そんなものに簡単に署名してしまったら、
重要な物的証拠になってしまう。
あらぬ疑いでそういう場面に直面したら
文章をよく読むばかりでなく、間違っていたら署名を拒否
することも肝に銘じて置いた方がいい。
身に覚えのある疑い出さえ、重罪にならないように
調書には簡単に署名しないように。
自白しないように。
検察の脅しや甘い言葉に耐えるのは本当に大変な事らしいが。
それでも、抵抗し続けよう。

世論もインターネットの普及のお陰で日本の検察制度のおかしさが
広まりつつある。

スポンサーサイト
プロフィール

まさみ

Author:まさみ
ブログはこちら一本でやっていくことにします。

パソコンできる環境が作れず、こちらのブログのほうがスマホでも扱いやすいからです☆

よろしくお願いします。
⊂⌒っ*-ω-)っ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。