スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トウキョウソナタ(ネタバレ注意)

トウキョウソナタ(竹書房文庫た1-1) (竹書房文庫 た 1-1)の画像
 本日公開初日の映画『トウキョウソナタ』を観てきました。
自分が支持する監督の一人である黒沢清監督作品で
『ニンゲン合格』以来?の家族もの作品です。
世界の黒沢と言われるぐらい知名度が世界的には
あるんですが、日本ではまだまだなんですかね。
大泉学園のT・ジョイで鑑賞したんですが、
公開初日なのに、席が半分以上空いていました。

 2008年度のカンヌ国際映画祭のある視点部門で
審査委員賞まで受賞していて、カンヌでの会場では
鑑賞後スタンディングオベーションが起きたほどで、
実際鑑賞してみて起きてもおかしくない作品ではある。

 この物語は父、母、長男、次男の家族のお話。
父はリストラされ失業したが、それを家族に隠し続けていた。
大学生の長男はアメリカ軍に入隊すると言い出した。
次男の健二は給食費を使って親に内緒でピアノ教室に通っていた。
そして、母親は・・・閉塞した日常から抜け出したくて
でも抜け出せない・・・そんな雰囲気を醸し出している。

 長男がこの家族にとって新たな風をもたらす。
長男は世界という視点を持つ。
だから世界の為にアメリカ軍に入隊すると。
こういう世界の視点は通常は生まれない。
自分の日々の日常や家族や身近な友人の事で精一杯だ。
どちらが大切という問題ではない。
長男が新しい風を持ってきたというのがオモシロイ。

 この新しい風に煽られて?権威ばかり気にする父にも
長男に離婚しちゃえば?と言われた母にも
父にピアノする事を反対されていた次男にも偶然?変化が訪れる。
それぞれにとんでもないことが起こり、ばらばらになっていた
家族に再生が訪れる。
再生と言ってもご立派な事が起きたわけではない。
父は交通事故に遭い、母は強盗に遭い、次男は逮捕される。
それぞれに起こった非日常的な事が次の日の朝に
あるハーモニーを生み出す。

 そしてエンディング、中学受験での次男による5分間のピアノ演奏のシーン。
これはもう圧巻と言う他ない。
こうあって欲しい理想は持っていてもいいと思う。
だが、家族で抱える問題を理屈を語る事で解決・・・はありえない。

 よく分からないが、なんだが、すごい一瞬を家族で過ごした。
これに勝るものはないのではないか。
それがなんなのかいつの時代も説明する事はできない。
その一つの表現として『トウキョウソナタ』は成功していると思う。
スポンサーサイト

政権交代が必要なある一つの理由

 政権交代の画像
 総選挙の日が近づいてきたようです。
世の人は自民党長期政権時代から
つぶやかれてきた「総理なんて誰がやったって同じ」
を今でもつぶやいています。
そして、「だったらお前がやれよ!」というつっこみさえ
すっかり色褪せてしまいました。

 さらに政権交代して民主党に任せた場合でも
「結局民主党がやっても同じ、何も変わらない」
とつぶやきます。
ですが、現状は実質的な政権交代を未だに
国民は一度も選択していません。
ここに日本の国民性が色濃く現れます。

 日本は四季折々の自然に恵まれているせいか
あらゆるものが『自然にあったもの』と受け取りがちです。
確かに自然自体は『自然にあったもの』ですが、
社会システムは『自然にあったもの』ではありません。
憲法や民主主義制度ももともと『自然にあったもの』では
ありません。
自民党も元々『自然にあったもの』ではありません。
国の制度に限らず社会システムの全ては
『自然にあったもの』ではなく、
『人為的に作られたもの』です。
当たり前の事なんですが。

 ただこれを日本人は忘れるというか、
『人為的に作られたもの』でも長年そこにあると
『それが自然にあったもの』と錯覚してしまいます。
改めて根本から人為的に作り直すというのが
すごく下手な国民だし、
惰性的なものを変えることによる
急激な環境の変化を恐れるからなのかもしれません。

 それが明確に現れるのが政権交代だと思います。
官僚の不祥事は今でも後を絶たないが、
それでもどうにか国は回ってきた。
どんな官僚の腐敗があっても
どうにか国は回ってきたという事実性の積み重ねは
抗いようがない。
政権交代をして官僚にメスは入れることができるが、
果たして新しい政権で国は回るのか?
大混乱になりやしないか?不安で仕方がなくなる。

 政権交代のメリットは?
・政権交代があれば国に対して緊張感を与えることができる。
いつ自分の政権が変わってもおかしくないと思えばより真面目に
政治をやるでしょう。
政治的失策を行えば国民の手で政権交代を起こされてしまうと
思えば国民の顔色を国が伺うようになる。
「あなたとは違うんです。」は言えないでしょう(笑)

・政治家と官僚の癒着を切る。
長年の自民党と官僚の癒着関係から官僚にメスを入れることが
できないことが多いです。
そこに沢山の利権がありますから。
利権の構造は政治家・官僚だけでなく、業界団体など多方面に
及ぶためそれを断ち切ることができる。

・過去の腐敗のチェックができる。
新しい政権になれば官僚との癒着関係もないのですから、
数多くの腐敗の実態が明るみになる。
無駄な税金の使い道にメスを入れられる。
過去のデータが明るみになるので
日本の失敗も含めて過去を検証することができる。

 過去の検証について一つ例を出します。
西山事件です。
詳細は省きますが、
1972年沖縄返還協定で、日本政府は
沖縄返還費用として400万ドルを
アメリカに支払うという密約が存在する
事を暴いた男がいた。
当時毎日新聞社の西山太吉記者である。
事件の顚末はお調べ頂く事として
この大スクープはなきものとされた背景がある。
密約の存在はもみ消されたのだ。
しかし、現在は片方の当事者であるアメリカ合衆国では、
密約の存在については機密解除され、密約の存在は
確認された。(さすが政権交代の起こる国だ)
それでも日本政府は密約の存在を否定している。
そして、現在も西山さんは戦い続けています。

 このような問題も政権交代によって解決する
可能性は大です。
そして今までにもみ消され続けてきた事は
沢山あるはずですが、日本ではそれが
公開されないため、検証して未来に
つなげることができないのです。

 実質的な政権交代を体験したことがないので、
イメージが湧きにくいが、
時期が時期なので政権交代について自分も勉強しつつ、
紹介していけたらと思います。

 最後に政権交代のデメリットは?
政治が安定しないに尽きるかも・・・

20世紀少年〜第一章

ナビゲートDVD「20世紀少年」秘密大図鑑 上巻の画像
 9月1日の映画の日に1000円で『20世紀少年〜第一章』を鑑賞。
20世紀少年は漫画をよく読む人から、たまに耳にすることは
あったが、自分は全く内容を知らなかった。

 今回映画化されて調べてみると、浦沢直樹原作なんですね。
浦沢直樹と言えば『MONSTER』
テレビによく出ている小太りの大衆評論家と化した宮崎哲弥
も泣いた漫画ということで以前マン喫で読んだことがある。
そのつながりなのか、宮崎哲弥も20世紀少年に評論家として
一瞬出演していて自分的に一番笑えた。
彼の戦略ってなんなんだろう?こんだけメディアに露出して。
選挙狙ってるとしか思えない(笑

 それはさておき、ストーリーは30年以上前の
小学校時代の記憶がキーとなっていて、
その記憶の曖昧さを利用したパターンだった。
記憶はいつも塗り替えられている。
自己防衛の為に記憶を捏造していることもある。
現在残った証拠だけで過去の記憶をそうだったのかと
既定してしまうこともある。
自分の人生をドラマ仕立てにするためにいつの間にか
都合の悪い記憶は忘れ去られ、ちょっと美化された
過去を作っていたりすることもある(笑)
記憶を扱った題材はスゴク人間性が溢れた描写が
多いので、成功することが多い気がするし、
自分も好きな分野です。 

 さらにオウム真理教をホウフツとさせるカルト教団も登場する。
何故彼らはカルトに走ったのか?の一つの答えが2章以降
観れるとそれも興味深い。

第二章からは全く違うテイストの話になるかもしれませんが・・・

 映画館を見渡すと特に男の子の目が輝いていた気がします。
そりゃ地球征服を阻止するために普通のおっちゃんたちが
立ち上がるんだから、ちょっとわくわくしちゃいますよね。
そして原作を読んでいないので、トモダチが誰か分からないし、
ケンヂたちは一体どうなっちゃったんだ?
今からとても気になる。
2章以降さらに壮大なストーリーになるらしい!
2章公開の1月までネタバレの話を聞かずに過ごしたい(笑

 おそらく原作と映画どちらがいいか?論争が毎度のごとく
起こるだろう。
原作も映画もどっちも楽しんじゃったもん勝ちな気はするよ。
プロフィール

Author:まさみ
ブログはこちら一本でやっていくことにします。

パソコンできる環境が作れず、こちらのブログのほうがスマホでも扱いやすいからです☆

よろしくお願いします。
⊂⌒っ*-ω-)っ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。