スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私信

このマイプレスのブログのメール転送機能を使って
メールを送って頂いた方にご連絡です。
自分も詳しく知らなかったのですが、メール転送機能
ですとこちらから返信することができません。
お手数ですが、
shurulare75823-sasiba@yahoo.co.jp
までに再度メールいただけますでしょうか?
内容に関してはメール届いておりますので、
メールだけ頂ければ返信できるとと思います。

スポンサーサイト

アフタースクール 若干ネタバレ注意

 アフタースクール (角川文庫 ゆ 8-2)の画像  運命じゃない人の画像
 5月24日公開初日の『アフタースクール』を
池袋HUMAXシネマズ4にて鑑賞。
アフタスクールの監督の内田けんじの
前作の作品『運命じゃない人』があまりにも
よかったからだ。
『運命じゃない人』の過去の記事は↓
http://www.mypress.jp/v2_writers/johndeai/story/?story_id=1350356

 最後に大どんでん返しがあると映画の宣伝でも
言われているようにネタバレを聞いてしまうと
面白さが半減するので、これから見に行く方は
なるべく情報に接しないで観て頂きたい。

 中学教師の神野の元に同級生と名乗る
北沢が訪ねてくる。
北沢は神野の幼なじみである木村を探している。
こうして、壮大な木村探しストーリーが始まる。
内田けんじの映画のいいところは綿密さ。
映画の中で何気に登場する登場人物にも
それぞれ人には事情がある。
これがうまく描けている。

 自分としては前作の『運命じゃない人』の方が
抜群に良かった。
ただ『アフタースクール』もジャニーズがやっている映画よりは
豊かな映画体験与えてくれますよ。
自分が感じたのは『アフタースクール』は『運命じゃない人』とは
真逆だと感じた。
真逆というのは『運命じゃない人』がありえない偶然性は
実は世界に溢れているという事を描いているとすれば
『アフタースクール』はある権力による社会のある種の必然性を
描いているように感じた。
社会システムの上で踊らされている我々は権力の
思い描くストーリーに導かれる!?
もちろん映画では、綺麗にある結果に向かって
必然が成就していくわけでもなく、
思いがけない
偶然もあるが、その偶然より必然の方が強いという
ニュアンスが感じられた気がする。

 敢えて真逆を作ったかのような内田けんじの
作品は前回が一般的な評価を得られていないが、
偶然性を描くより必然性を前面に押し出す
予定調和的な映画さえ作れば娯楽映画として
成功するという内田けんじの皮肉が垣間見れた
気がするが、考えすぎか。

転々

 転々 プレミアム・エディションの画像  時効警察 3巻の画像
 三木聡監督の映画『転々』
三木作品は「イン・ザ・プール」「亀は意外と速く動く」
「図鑑に載ってない虫」「「時効警察」
と日常にあふれるささやかな笑い・幸せを描くのが
非常に上手い。

 転々はこのコラムで書いてきたような重厚な
映画とは違い、割と普通な感じだけど、
日常にあふれるささやかな笑い・幸せを描くという点で
自分は好きなタイプな映画だ。

 ストーリーとしては
大学8年生の文哉と借金取りの福原の
吉祥寺から霞ヶ関まで目指す東京散歩。
散歩に付き合ってくれれば文哉の借金はチャラになり、
福原が霞が関を目指す理由は自首する為。
その散歩道中で沢山細かい小ネタがあり、
笑わせてくれる。
小ネタも趣味が分かれると思うが、
自分は文哉が犬にスルーされるシーンが
結構好きかな。

 ただ小ネタだけではこの映画は終わりませんでした。
家族を知らない文哉に訪れた福原の知り合いのバーのママ
とその姉の娘「ふふみ」との擬似家族体験。
文哉は福原とバーのママの息子の設定。
擬似家族のふふみ役は
映画「紀子の食卓」でレンタル家族の仕事をしていた
ユカ役の吉高由里子。記憶がだぶった。
自分は特に紀子の食卓のあの壮絶さを見ていたせいか、
擬似家族で短い間であっとしても
とても楽しそうな文哉の振る舞いや
やがて終わるその擬似家族に思わず涙する文哉を見て
ちょっぴり感動してしまった。

 くさいことを言うけど人って人生の大半を日常で過ごすので、
日常の中に何か幸せがあるといいですよね。

「非日常以外を日常というのだから当たり前か。
非日常が毎日だったら非日常が日常になるし(笑)」

 そんな訳で転々を見てから三木作品がより気になり、
以前から気になっていた深夜ドラマの「時効警察」
をレンタルしてきてようやく見終わりました。
「帰ってきた時効警察」はこれから見ないと。。
時効警察も小ネタ満載です。
ただこの時効警察変わっていて毎回監督が
交代するような作りになっています。
厳密には三木聡監督の回が多いです。
時効警察の中では「紀子の食卓」「気球クラブその後」
「THE ROOM」などなど自分のベスト3監督の
一人、園子温監督の第6回がお勧めです。
何本もレンタルするのは辛いと思うので、
第6回の入っているDVDだけレンタルするのもお勧め。
プロフィール

Author:まさみ
ブログはこちら一本でやっていくことにします。

パソコンできる環境が作れず、こちらのブログのほうがスマホでも扱いやすいからです☆

よろしくお願いします。
⊂⌒っ*-ω-)っ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。