スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叫 プレミアム・エディションの画像
 マイベスト映画「アカルミライ」の黒沢清監督の映画「叫」
前作「LOFT」に続く作品。
またしてもジャンルとしてはホラー。レンタル店にも
ホラーコーナーにありました。ですが、黒沢清監督なので
特にジャンルに捉われないのは今回も変わっていません。
お馴染みのホラー映画で恐怖を味わいたいという人は
「叫」はとてもつまらなく思う事かと思います。

 主人公の刑事吉岡は海水を飲んで死んだ女性の死体の
捜査をしていたが、ふとしたことから女性殺害の疑いを
同じ警察からかけられてしまう。そして、連続して起こる
死因が海水を飲んだ溺死という殺人事件が起きる。
そんな折、吉岡に赤い服をまとった女性の幽霊が現れる。
混乱する場面もあったが、吉岡はあの海水を飲んだ女性の
死体に関して全く身に覚えがなかった事を思い起こし、
その赤い服の幽霊に「人間違いしてませんか?」と尋ねる。
幽霊も人間違いする!?(笑)普通に見てても笑える
シーンが沢山あります。

 それはそうと海水は一つのメタファーである。
埋立地に住む吉岡らにとって、埋立地はどこかやましい感じも
荒廃した感じもするやるせない場所である。
地上でも海でもない『ここではないどこか』へ通ずる不思議な
空間である。先日豊洲からフェリーに乗りお台場まで向かったが、
そこから見えるのは埋立地の裏の世界。荒廃した工場が無造作に
見えた。そこには忘れ去られた近代化の古傷、いや、今も残る
生々しい傷が見えた気がした。目をつむる事もできるが、
そうすると赤い服の女性の幽霊が現れる!?(笑)
 
 そういう見方もできなくない映画だったが、単なる忘れ去って
しまった人に対する罰?にしては幽霊が怖いというより
コミカルで笑えてしまう。そこには幽霊がどうこう言おうと
忘れ去るのは時間の問題であり、幽霊の努力は報われない。
とともに狭苦しい「ここ」でしか生きれない人々にとって、
「ここではないどこか」を夢想する空間が益々失われ
さらに閉塞間に苦しむ。そんな事を感じました。

 ストーリー性よりも美しい情景、脈絡をあまり感じられない
カット割、それでいて、脈絡があるように感じる瞬間もある
映画で、自分個人的にはかなりツボです。
この映画が一つの「ここではないどこか」
スポンサーサイト

善き人のためのソナタ

 善き人のためのソナタ スタンダード・エディションの画像
 1989年11月10日東ドイツが西側に脱出する市民に歯止めを
かける為に建築したベルリンの壁が崩壊。自分は当時小学校
6年生で担任のM先生がとにかく歴史的な出来事が起こったと
興奮してたっけ・・・いずれなる事になるだろう北朝鮮と
韓国が統一されたいうニュースを聞けば今の大人になった自分も
歴史的な出来事が起きたと興奮するのだろうか。
思い出したが、単純にその担任のM先生は善き事だと
言っていた気がするが、本当にそうであろうか?
共産主義体制にどっぷり浸った生活が突如壊れてしまった
東ドイツの人々は急激なアノミー(無規範状態)に悩まされる。

 映画「善き人のためのソナタ」は秘密警察シュタージのエリート
ヴィースラーが主人公である。彼の仕事はずばり反国家分子を
糾弾する仕事。旧東ドイツでは国家に反する自由な表現は制限され、
情報も制限されていた。秘密警察シュタージのエリート
ヴィースラーの今度の対象は舞台芸術家ドライマン。
彼を監視するためにヴィイスラーはドライマンの自宅を毎日
盗聴し続ける。ドライマンに反国家の面が見えれば、ドライマンは
監獄へ送られる。

冷徹な秘密警察シュタージのヴィスラーであったが、
ヴィスラーに心変わりが度々起こる。
監視し摘発するはずであったヴィスラーであったが、
ドライマンの留守中に侵入した際ブレヒトの詩集を見つけ
彼に社会ではない世界が訪れる。
さらにドライマンの弾くピアノに魅了され、盗聴しているはずの
密室の中で聞き入るヴィスラー。ドライマンの留守中、ドライマンと
彼の恋人が情事を行ったベッドのシーツに触れるヴィスラー。
このシーンは単にエロイと見ることもできるが、ドライマンにとって
この世界はどう見えているのか?ドライマンにミメーシス(身体的
感染)を起こしたヴィスラーのこのシーンはある種とても美しい。

 本来の業務を忘れて逆にドライマンを庇護する側に回った
ヴィスラーであったが、トラブルが重なりついには政府に
反国家分子だとみなされ、ほぼ監禁された生活を送る事となる。
そして、東西ドイツ統一後は旧東ドイツ時には善き事とされていた
秘密警察活動という反人道的なことをしていため、二度とエリート
に返り咲く事はなかった。統一前と統一後では全く善き事の
基準が変わった。

 さて、ドライマンは東西ドイツ統一後、反対するものがなくなり、
創作意欲が全くない状態となっていた。だが、そんな彼に
舞い込んだのが自由主義的情報公開によって出てきた
自分が監視され盗聴されていたという事実。そして、
自分を護衛していたヴィスラーという男を知る事となる。

 社会を見ていただけではそこで何が起こっていたのかのは
ほとんど分からない。そこで起きたその人だけに生じた何か
を知ってほんの少しだけ分かる事ができるのかもしれない。


プロフィール

まさみ

Author:まさみ
ブログはこちら一本でやっていくことにします。

パソコンできる環境が作れず、こちらのブログのほうがスマホでも扱いやすいからです☆

よろしくお願いします。
⊂⌒っ*-ω-)っ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。